[大石田駅 から車で5分]幸運の三毛猫風呂に入ってきた!口からお湯がビャー出てた。

この記事は約4分で読めます

関東地方では綺麗な桜が咲いてる中、山形では桜が咲く気配など一切ありません。
えと、今年は桜咲かないんですかね?

花咲か爺さんから粉をまいてもらうしかないんじゃないかと思います、最近。

というわけで今回は大石田町にあるあったまりランド深堀に行ってきましたよ!
こちらの温泉は平成5年にオープンして以来、地元民や近隣の尾花沢市の住民に人気の温泉となっています。

私も温泉が好きで何度も訪れました。

学生の頃は友人とサウナで我慢大会を行い、入室して30分った後「無理~!!」と言いながら飛び出してきたい記憶があります。
ドヤ顔で勝ち誇る友人にアイスを奢りました。(悔しい思い出)

あったまりランド深堀の場所と情報

営業時間

4月~9月 午前6:30~午後10:00(受付は午後9:30まで)

10月~3月 午前8:00~午後10:00(受付は午後9:30まで)


大石田駅方向からだと見晴らしのいい田んぼの真ん中に一本道があるのでそれを目印にしていくといいです!
駐車場はわりと広めで車を停めやすいですね。

▼こちらが入口


入ってすぐ右と左側に下駄箱が見えます。
鍵つきの下駄箱は右側にあるので、大切な靴をはいてきた方はこちらに入れることをオススメします!

なお、鍵が小さいため無くさないようにご注意を!

▼広めの休憩スペース


http://attamariland-fukabori.co.jp/

券売機付近には休憩スペースがあります。
さらに奥に行くと大広間があるので、入浴後寝っころがりたい方はそちらを使うといいでしょう。

券売機で券を購入する

▼券売機

大人は400円になります。
タオルを忘れてきた場合は受付にて100円で販売しているため、そちらで購入することも可能です。

いざ、風呂へ

▼入口

脱衣場に関しては結構広めで、貴重品を入れる用と衣類を入れる2種類の鍵付きのロッカーがあります。
脱衣場近くの洗面所にはトイレがあるのでご安心を。

▼浴室


http://attamariland-fukabori.co.jp/

店内の写真も撮影したかったのですが。
男性の裸体を勝手に写すわけにはいかないので公式サイトからの画像で失礼します。

幸せを呼ぶオスの三毛猫風呂がすごい

実は一度入ってみたかった三毛猫風呂。

平成26年8月に出来た素材が陶器の浴槽です。

大石田町にある株式会社ブリッジが「次年子窯 山形県大石田焼」を製作しています。

こちらの浴槽は露天風呂にたった一つしかありません。
そのため、非常に人気があり露天風呂に入ってる客達が常に三毛猫風呂をチラチラ確認し空きがでるチャンスを伺っている感じです。

50代のおじさんとかも。

そして、アラサ―の私も。

このときは高校生くらいの青年が浴槽から出てきましたが。
何故か恍惚とした満足そうな表情を浮かべお風呂を後にしていきました。
あの風呂には一体何が入ってるんや、何があったんや青年よ!と思わざるを得ない状況でした。

ちなみにその後で三毛猫風呂に入ろうとして立ち上がったら、露天風呂内が滑りやすく私は全裸で2回ほどスリップしてまいました。
そのせいで、50代のおじさんに先を越され、また黙って三毛猫風呂のほうをチラチラみる結果に…

注意
床が大理石風になってる部分は滑りやすいため端を歩くことをお勧めします。

ついに入浴の瞬間が!!!

これが三毛猫風呂やー!!


金色に輝く堂々とした風貌の猫
どっしりと鎮座しておりました。

そしてお湯が出る場所をよくよく見ると


猫の口から透明な お湯がビャーと出てました
本当にビャーって感じです。

お風呂に入ると…
絶妙に適温ですごく気持ちがいいです。

正面にはただひたすらお湯を吐く猫の顔があり不思議な感覚を覚えました。
果たしてお湯を吐き続ける猫が幸運をもたらしてくれるのか?
金色だし幸運になりそうだから安易なネーミングにしたんじゃない?とか
湯に浸かりながら無駄に作者の思いを馳せておりました。

そうこうしていると、頭がのぼせてきたので上がることに。

猫が絶妙なタイミングでお湯を吐いてくれたので、心地よく過ごすことができました。

そして思わず顔が緩んでしまいました。

「ハッ…!」

これがあの青年の気持ちだったのですね!
そして上がった直後にまたスリップ

注意
床が大理石風になってる部分は滑りやすいため端を歩くことをお勧めします(2回目)

露天風呂内はわりとヌルヌルしてるため気をつけてください!
三毛猫露天風呂殺人事件とか小説にありそうなことがおきたらほんま洒落にならんので。

入浴後の楽しみ

こちらお土産やフードが充実しています。

▼お土産

▼さつまいもや山形名物の玉こんにゃく

食事処さくらへ

お腹が空いていたため食事処さくらへ行くことに。

こちらは入浴場とは反対の宿泊施設へむかう廊下にあります。


▼オススメのむぎきり


麦切りが一押しだったようで、そちらを頂くことに。

▼店内の様子


この日はお客さんが少なかったようで 私と 50代の男性二人組しか店内には居りませんでした。

待つこと10分
待っている間、何もすることがなかったので携帯で飯テロ動画を見ながら食欲を増幅させてました。

ついに…!

おいしそうな麦切り登場!!

▼むぎきり

シンプルな盛り付けでいい感じですね。

早速一口いただきます!
鰹のいい香りがする汁にたっぷり麺をつけて
ズルズル…

うん、うまい

コシの強さはうどんに近い感じがしました。
噛むと少し麺の甘みがして美味しかったです。
ワサビやネギなどの薬味をつけて食べるとよりgoodです。

大石田にある温泉あったまりらんど深堀のまとめ

久々の温泉はとっても癒されました。
こちらの温泉はシャンプーやリンスなどが揃っているので タオルひとつ持って行けばすぐに入浴することができます。
バスタオルを持っていけばサウナに入ることもできます。
日常の疲れをスカッと癒して抜きたい取りたい人には良き温泉でした。

遠方からきてゆっくり過ごしたい方は隣接している宿泊施設「虹の館」に泊まるのもオススメですよ!

また行きたいなぁと思います。

よく読まれている記事↓

▼[大石田町]一日に千本売れた「奇跡の団子」が食べられる店!!▼

[大石田町]一日に千本売れた「奇跡の団子」が食べられる店!!

▼[大石田町]カフェ風スペースのKOEnoKURAでおそばコーヒーを堪能してきた!▼

[大石田町]カフェ風スペースのKOEnoKURAでおそばコーヒーを堪能してきた!

レポート&PHOTO:ざっきい@山形好きなブロガー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です